Sleep Medicine

トップページ > 睡眠医療関連事業 > 終夜睡眠ポリグラフィ(PSG)代行 > 医療従事者向け情報

睡眠医療関連事業

終夜睡眠ポリグラフィ(PSG)代行 医療従事者向け情報

終夜睡眠ポリグラフィ(PSG)代行:PSGサポートサービス

睡眠時無呼吸症候群の精密検査であるPSGやその治療のためのCPAPタイトレーションの経験を積んだ専任の睡眠検査技師がサポートするサービスです。

CPAPタイトレーションとは:CPAPを装着して眠ってもらい、全ての睡眠ステージや体位で無呼吸を防ぎ良好な睡眠が得られる適正なCPAP圧の設定をPSG下で行うこと

サポートサービスの内容

    ①PSG検査装置の貸出
    ②睡眠検査技師によるセンサ類の装着と検査データの記録
    ③睡眠検査技師による検査データのマニュアル解析
    ④分かりやすいオリジナル報告書の作成と説明

睡眠検査技師:米国睡眠検査認定技師(RPSGT)または睡眠検査技術を習得した臨床検査技師

  • PSGパンフレットダウンロード
  • PSG検査依頼書ダウンロード


サポートサービスの実施場所

  1. 1.代行検査:貴院の空きベッド(個室が望ましい)でPSGを行います。
    PSG検査機材一式の貸出を行います。検査結果は、マニュアル解析を行い報告書作成後ご説明いたします。
    (詳しくはご相談下さい。)
  2. 2.出張検査:患者様の個人宅やホテル等、出張でPSGを行います。
    出張検査:患者様の個人宅やホテルなど出張でPSGを行います。
    検査機器の準備と設置、検査内容の説明やデータ確認と記録など検査・記録関する業務を行います。
    (検査には医師の立ち合いが必要です。詳しくはお問い合わせください)

上記1、2はCPAPタイトレーションでも可能です。

終夜睡眠ポリグラフィ(PSG)検査とは

  • 睡眠時無呼吸症候群を含め睡眠関連疾患の診断に必要な スタンダード検査です。
  • 一晩の睡眠状態を検査しますので、1泊2日の検査入院となります。センサー類をたくさん取り付けますが、痛みなどは全くない検査です。検査には、個室の空きベッドか基本ですが小型検査装置の場合大部屋でも可能です。





サポートサービスの内容

  • 病院内での代行検査の場合
    初期投資が不要
    平均在院日数の短縮化
    個室稼働率の向上
    他院からの紹介の増加
  • 個人宅やホテル等での出張検査の場合
    患者ニーズへの対応
    注):検査には医師の立会が必要です。

※上記は病院での検査の流れです。一部病院側のご協力をいただく場合もあります。

※夜間検査のため患者様は特に仕事を休む必要はありません。患者様宅などで行う出張検査の場合も同じ流れですが、時間については御相談に応じます

睡眠

調査によれば日本人の睡眠時間は年を追うとともに短くなっています。それに加えて睡眠時無呼吸症候群のような睡眠障害による睡眠の質の低下は本人のみならず社会にも大きな損害をもたらしているといえるでしょう。

質、量ともに十分な睡眠がとれた時は、朝さわやかに目覚め、体が軽くなったようなリフレッシュ感があります。仕事も学業に対する意欲も増え、集中力も持続します。また、抵抗力を高めるホルモンもより分泌されるので風邪などを引きにくくしてくれます。このように十分な睡眠は、日常生活において非常に有益なものなのです。

十分な睡眠時間をとっているにもかかわらず昼間の眠気がある場合は睡眠時無呼吸症候群のような病気によって引き起こされている場合もあります。

簡易の検査から精密な検査まで睡眠に関する検査をお考えの場合は弊社までご連絡ください、各種のご提案を用意しております。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に呼吸停止や低呼吸を頻回に繰り返す病態のことで、その結果として以下のような種々の症状を引き起こします。
主な症状
大きないびき、日中の過度な眠気、頻回の途中覚醒、夜間頻尿、熟眠感の喪失、起床時の頭痛、起床時ののどの渇き、気力減退など。
生活習慣病につながる
糖尿病、高血圧、心臓病、肥満など生活習慣病との関連も見られます。
有病率
少なくとも100人に1人から2人はいるのではないかと考えられています。

大きないびきをかく太った人が典型ですが、骨格的に気道が狭いと、見た目には太っていなくてもこの症状を持つ人がいます。東洋人は西洋人に比べてこの傾向が強いようです。


集中力の低下によるミスや居眠り運転など社会的な影響も見逃せません、正しい検査と治療で良質な睡眠がとれるようお手伝いをさせていただいております。

下記は入院検査時での診療報酬の参考です。一般に入院検査は3~4万円(3割負担)かかります。

ポリソムノグラフィー(PSG)精密検査費用 保険点数 金額
基本料 初診料 282点 \2,820
入院料 短期滞在手術基本料3 9638点 \96,380
検査料 終夜睡眠ポリソノムグラフィー検査料 3300点 (\33,000)
脳波検査診断料 180点 (\1,800)
小計   \99,200
CPAPタイトレーションを行った場合の加算料金    
処置料 鼻マスク補助換気法 130点 \1,300
在宅管理料 在宅持続陽圧呼吸管理料 250点 \2,500
鼻マスク治療器加算 1210点 \12,100
小計 1590点 \15,900
診療報酬 合計 9640点 \115,100

※金額には消費税は含まれておりません。