Environment Service

トップページ > 環境関連事業 > レジオネラ菌対策

環境関連事業

レジオネラ菌対策

レジオネラ菌ってなに?

在郷軍人病と呼ばれていた肺炎等の感染症を起こす細菌のことです。
この細菌は、ビルの冷却塔や24時間風呂、加湿器などの中に混入し増殖します。
感染すると、風邪のような症状から感染症を起こし、体が弱っている人や子供などは死に至ることもあります。

もし菌がいたら対策は?

発生している場所にもよりますが、冷却塔の場合は厚生省の基準があり、100mlあたり1000CFU以上だと要注意範囲です。
また、24時間風呂や加湿器などは、公的な基準は有りませんが、検出しないことが一番望ましいと思います。
対策については、複合水処理剤や殺菌剤などがありますが、当社にご相談下さい。

レジオネラ菌の検査

1サンプル15,000円で行っております。

また、冷却塔などなどの水質検査も同時に行っております。お問い合わせ下さい。