Environment Service

トップページ > 環境関連事業 > 砂場消毒

環境関連事業

砂場消毒

どうして砂場消毒が必要なの?

砂の中には、多くの病原体微生物が隠れています。
体に抵抗力のない小さな子供の口に入ったり、指先の傷から体にはいると大変な菌もいます。
砂の中の悪い菌を少なくして、子供たちを感染から守りましょう。

年間管理システム

当社の特徴は、消毒作業を「抗菌剤の混入だけ」や「一度だけの焼き砂・オゾン水を散布」ではなく、砂場消毒を即効性と持続性の2段階により行い、細菌微生物など、目に見えないものの効果に、細菌検査の実施により評価判断していることであります。また、年間を通じてのアフターサービスを行うことも特徴の一つとしております。

3月~6月 細菌検査 1次消毒 2次消毒
6月~9月 2次消毒  細菌検査
9月~11月 2次消毒  細菌検査

砂場消毒の流れ

  • [1] 作業前砂場
    異物やゴミがあれば取り除きます。
  • [2] 消毒前の細菌検査用サンプル採取
    砂場数か所から砂を採取し、汚染状況を分析します。
  • [3] 1次消毒
    動力噴霧器などを用いて、消毒液を噴霧します。

    ※ご要望に応じて、遊具や園庭などの消毒も併せて行います。

  • [4] 2次消毒(除菌剤エコビーズ混入)
    1次消毒の後、エコビーズを砂表面に混入させていきます。
    可溶性なので長期的な消毒効果があります。
  • [5] 消毒後の細菌検査用サンプル採取
    消毒をした後の細菌を調べる為に、サンプルを採取します。
  • [6] 整地

エコビーズ

エコビーズってなに?

エコビーズは総合医療サービス株式会社の登録商標で、過酸化モノ硫酸カリウムを主成分とした可溶性除菌剤です。簡単にいうと、強酸性水を作り出す除菌剤です。安全性には、十分考慮して作られています。

マウスに対して、500,1000,1500,2000mg/Kgのエコビーズを経口投与し毒性を調べた結果、毒性を認められませんでした。

エコビーズご紹介PDFダウンロード

【結果表】致死例、致死率およびLD50値

試験群 投与量 経時的致死率 致死量 LD50値
(n=10) (J/L) 2時間 1日 2日 3日 (%) (J/L)
1 0 0/10 0/10 0/10 0/10 0  
1 500 0/10 0/10 0/10 0/10 0
1 1,000 0/10 0/10 0/10 0/10 0
1 1,500 0/10 0/10 0/10 0/10 0
1 2,000 0/10 0/10 0/10 0/10 0 >2000

LD50値:50%以上の致死率濃度で、OECDのガイドラインによる急性毒性試験では最高投与量は、2000mg/Kgと規定しています。

「エコビーズを用いた砂場消毒による細菌数の経時変化」

大腸菌群数
(汚染状況の指標としているもので:悪玉菌)
生菌数
(全ての細菌数で主に草木の栄養物を作る菌:善玉菌)

1次消毒後、生菌数は一時的に減少し元の状態に戻りますが、大腸菌群は、1000個/g以下とほとんど汚染されていないレベルで推移しております。

皮膚一次刺激性試験
モルモットに対しての刺激反応を見た結果、エコビーズは皮膚に対する刺激を有しないものと評価されました。
眼球角膜・結膜刺激性試験
エコビーズの水懸濁液を、 モルモットの角膜表面に滴下し、角膜・結膜に対する刺激試験を行った結果、 過敏性反応は観察されませんでした。

サンプルグラフ

砂1グラム中の菌数
砂1グラム中の菌数
  • 標準価格

    20㎡程度の砂場で、
    年間管理料は20万円以内です。

    条件に合わせて御見積させて頂きます。

  • 導入実績

    長池幼稚園、安井幼稚園、栗東市内児童公園、
    他幼稚園や保育園、マンションの砂場など